2007年09月20日

転職と資格取得のメリット

転職の前に資格でも取って、転職活動を有利に進めたい。そんな考えの人はたくさんいます。でも、転職の時に評価される資格の取り方って意外とみんな意識していないです。例えばあなたがインテリア業界に転職を目指しているとします。その場合、あなたが取得すべき資格はインテリアデザイナーでしょうか。はいって言いたいところですが、状況によってはインテリアデザイナーという資格が転職にマイナスに働くケースもあると思います。仕事を真面目にやらないで、資格の勉強ばかりをしていたって解釈されるかもしれないからです。もちろん、逆に激務をこなしながら資格取得を達成するなんて根性と目標達成能力があるってプラスに評価される可能性もあります。私が言いたいのは転職という市場で資格が意味がないってことではありません。どんな資格をあなたが取得しても「なぜその資格を取る必要があったのか」って部分をあなたが説明できなければ資格の取得は転職活動上はマイナスになることがあるってことが言いたいのです。つまり、資格を取る前にあなたの説明能力を高めておいたほうが良いってことです。ただ、書類選考の時点であなたにとりたてて目立った職歴がない場合などは資格で履歴書、職務経歴書の見栄えを良くするってのはありだと思います。転職を有利に進めるにあたって資格の表現の仕方は注意する必要があります。
ラベル:転職 資格
posted by セイヤ at 01:37 | TrackBack(0) | 転職と資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。